独立後のテストエンジニアのやりがい

テストエンジニアとは、ソフトウエアなどの製品開発において仕様どおりに製品が動作するかをチェックする技術者のことをいいます。世の中には様々なシステムが稼働していますが、近年はそれらが大規模化かつ高度化しています。そのため、システムのテストは専門家であるテストエンジニアに任せる機会が増えています。
つまり、システム業界ではテストエンジニアの需要が高まってきています。システム開発の段階では、コストカットや工期短縮の目的で、ソースコードの自動生成ツールなどを用いています。
しかし、いくらシステム開発が自動化されても、仕上がったシステムの質を担保するのは人間の務めです。その責任を果たすのがテストエンジニアの役割であり、非常にやりがいのある仕事でもあります。

テストエンジニアにはプログラミングの知識はもちろんですが、固定概念に縛られない自由な発想力が求められます。なぜなら、システム開発者が想定していないエラーやバグを発見する必要があるからです。また、テスト結果を報告するプレゼンテーション能力が必要です。高度化したシステムの質を担保するために、より高度なスキルをもつテストエンジニアが求められています。
そしてテストエンジニアとして実績を積み重ねれば、フリーランスとして働くことも可能です。今は様々なクラウドソーシングサイトが運営されていて、企業から単発の仕事を組み合わせて受注できます。テストエンジニアでのように特別なスキルがあれば、大型案件をゲットできる可能性が高まります。