製品のテストがテストエンジニアの職務

テストエンジニアがシステム開発の現場で担う業務は、製品を市場に出す上で最後の部分に当たります。テストエンジニアの職務は開発が進められてきたシステムが、本当に製品として市場に出してしまって良いものかどうかを確認することです。製品として十分な品質を持っていて、確かにユーザーのニーズを満たすものになっているかをテストを通して調べることになります。
システム開発を行うときにはコンセプトを定め、必要な仕様を決めて開発を進めるのが一般的です。システムが形としてできあがったときに、テストエンジニアは実際に使ってみて当初の仕様やコンセプトが反映されているかを確認します。
もし問題点があれば開発を担っているシステムエンジニアに状況をフィードバックして改善を求め、確かな品質になるように改善方法の提案をするのが主な仕事です。

これに加えて不具合の有無も網羅的に確認するのがテストエンジニアの重要な職務です。システムエンジニアが既に可能性のある不具合は潰しているのが通例ですが、別の人が見てみると問題が発生するリスクがある場所が見つかることがあります。
システムを実際に使いながら不具合が本当に生じるかどうかも検証し、その不具合が発生する条件を網羅的に調べてシステムエンジニアに還元するのもテストエンジニアの仕事なのです。想定外の不具合は常に存在し得るので、繊細な感覚を持って試行錯誤をしながらリスクを探し出すことが求められます。[テストエンジニアについてまとめられたサイト⇒http://test-engineer.net/